自費診療の有床義歯

金属床義歯

入れ歯は通常、保険診療では、歯の土台となる部分をレジンという歯肉の色に似たプラスチックで作製します(レジン床義歯)。この材料で作ると、強度を保つため入れ歯の厚さは大きくなり(1.5~2mm程度)、この厚みが時として違和感の原因となります。

金属床義歯は歯の土台となる部分を金属にした義歯です。金属はレジンに比べ強度が高いため、入れ歯の厚みを大変薄くすることができ(0.5mm程度)、また金属特有の熱伝導性で食事の「温かさ、冷たさ」を感じることができますので、レジン床義歯に比べて違和感が少なく、装着感に優れています。

▼ 症例写真

マグフィット義歯

マグフィットとは磁石式の義歯固定装置です。
通常、取り外し式の部分入れ歯は、残っている歯に金属のバネを引っ掛けることによりはずれないように固定します。しかしこの方法では、使っているうちにバネが弛んで食事中や会話中にはずれやすくなったり、前歯の場合バネが目立って審美的に良くないなどの問題点があります。

マグフィット義歯は磁石を入れ歯に埋め込んで、残っている歯に磁性金属を接着して入れ歯を固定します。
マグフィット義歯はバネが見えないので審美的に良く、外れにくいので食事や会話にも気になりません。

▼ 症例写真

ホワイトスクラプ義歯

部分入れ歯のバネは、今までは金属で作る物が主流で、見た目はあまり良くありませんでした。ホワイトクラスプ義歯(白いバネの入れ歯)はバネの部分に金属を使わず、歯と同じ色のアセタル樹脂という素材を使っていますので、目立たず審美性に優れています。

▼ 症例写真

© 2017 Simon's Dental Office.